伊予柑を使ったこだわりのドレッシングとオリーブオイルです。 愛媛の特産品である伊予柑は甘さと酸味のバランスがよく、とても香りが豊か!

越冬完熟伊予柑とは

伊予柑は本来、12月に収穫して倉庫で追熟させて出荷されるところ、1月まで木で熟した伊予柑を使用しています。
これを穂高村では「越冬完熟伊予柑」と名付けました。

「越冬完熟伊予柑」は冬でも霜が降りない限られた場所でしか収穫できない貴重な伊予柑。
生産者は愛媛県認証のエコファーマーで、自家製の堆肥で土作りをし、 除草剤を使用しない減農薬栽培(通常の1/3程度)をしています。

恵まれた土壌で、人の体に安全な製法で作られた越冬完熟伊予柑をさらに厳選し、伊予柑の恵みをたっぷり詰め込んだビタミンたっぷりのドレッシングに仕立てました。

伊予柑の美味しさを引き出す特別製法

収穫された伊予柑は果汁を絞り、皮は細かく切って、茹でてから使います。
果汁の絞り方にも、ほだか村ならではのこだわりがあります。
機械でギュっと絞ると、たくさん取れるし効率も良いのですが、どうしても、えぐみが出てきますので、1個1個手絞りしています。
また、伊予柑は皮に香りがあるので、たっぷりと使います。

すべてが手作業ではありませんが、機械任せにできないところはきちんと手作業で丁寧に作っています。

ほだか村ならではの素材と製法にこだわった味をお楽しみください。

ほだか村自慢の伊予柑特集

< 前のページ
次のページ >
9件 [ 1-9 ]

おすすめ商品